株式投資

銘柄分析の方法を学ぼう【バフェット流13の視点を解説します】

こんにちは。

今日は「銘柄分析の方法を学ぼう」というタイトルでお話をしたいと思います。

「株を始めたいけど、どうやって銘柄を選べばいいの?」

「株が安いか、高いか知りたい」

そんな人に読んでいただきたいと思います。

おすすめの本でも紹介していますが、「バフェットの銘柄選択術」を元に学んでいきたいと思います。

バフェットの銘柄選択術 (Amazonのサイトに飛びます)

是非読んでほしい本ですが、書かれている内容を僕なりに噛み砕いて説明したいと思います。

銘柄分析の方法:バフェット流13の視点

バフェットの銘柄選択術の洋書タイトルは「The Buffettology Workbook」になります。

ワークブックなので、分析する手順とワークシートがあり、非常に分かりやすく説明されています。

取り上げられる企業が米国企業なので、なじみのない企業が出てくるのが難点ですが、バフェット銘柄の代表である「コカ・コーラ」社を中心に説明されているので、その点理解できると思います。

米国株投資をするにしろ、日本株に投資するにしろ、考え方は同じなので、この本の内容を理解しておいて損はありません。

この本には、「バフェット流の13の視点」で銘柄を分析する「手順」が説明されています。

13の視点で銘柄を分析して、「期待収益率」つまり「投資利回り」を予測します。

あなたが期待する「投資利回り」であれば「買い」であり、そうでなければ「買わない」という判断ができるようになります。

それでは、バフェット流の13の視点について1つずつ見ていきましょう。

Q1 その企業は消費者独占⼒を持っているか

銘柄選択の方法

バフェット流の13の視点の1つ目は、「Q1︓その企業は消費者独占⼒を持っているか」です。

消費者独占力とはどのようなものかは、以下のような視点になります。

  • 製品やサービスをどれほどの人が喜んで利用しているか
  • 提供する製品やサービスなしには生活が考えられない
  • 夢中になっているファンが大勢いる

分かりやすい例だと、Disneyの映画やDisneyLandでしょうか?

夢の国と憧れていく人は多いのではないでしょうか?

それ無しには考えられないものは、生活の中にあふれています。

使っているもの1つ1つの企業を調べてみましょう。

Q2 その企業を理解しているか

バフェット流の13の視点の2つ目は、「Q2︓その企業を理解しているか」です。

いくら生活に無くてはならないものを提供していても、まったく利益が出ていないこともあります。

収益構造はどうなっているでしょうか?

競合は激しいでしょうか?

将来性はあるでしょうか?

財務分析といった数字を扱う以上に、「本当に理解する」ことは誰もが難しいことだと思います。

Q3 その企業の製品・サービスは20年後も陳腐化していないか

バフェット流の13の視点の3つ目は、「Q3︓その企業の製品・サービスは20年後も陳腐化していないか」です。

Q2でも触れましたが、収益を上げている製品・サービスが、今後どれだけ続いていくかは1つ大事な視点です。

収益を上がられなくなると、株価も下降気味になります。

最悪のケース、倒産に至ることもあります。

過度な競争にさらされている、または取って代わられる新サービスが無いかは日々注視しなくてはなりません。

Q4 その企業はコングロマリットか

バフェット流の13の視点の4つ目は、「Q4︓その企業はコングロマリットか」です。

コングロマリットとは、「直接の関係を持たない多岐に渡る業種・業務に参入している企業体のこと」を言います。

収益はさまざまであり、分析や理解も難しくなるため、投資家から敬遠され安くなりがちでもあります。

ややQ2の視点で難しくなり、経営効率も悪くなる点が懸念点であります。

Q5 その企業の1株当たり利益(EPS)は安定成⻑しているか

バフェット流の13の視点の5つ目は、「Q5︓その企業の1株当たり利益(EPS)は安定成⻑しているか」です。

本ではEPS成長率を計算することになります。

PERが一定とすると、EPSの成長に伴って、理論的には株価は上がります。

なので、「EPS成長率」=「期待収益率」になるので、過去10年間のEPS情報を集めます。

Q6 その企業は安定的に⾼いROE(株主資本利益率)をあげているか

バフェット流の13の視点の6つ目は、「Q6︓その企業は安定的に⾼いROE(株主資本利益率)をあげているか」です。

ROEは、純資産(株主資本)に対する利益率でした。

参考株価の指標について学ぼう③ROE(自己資本利益率)と配当性向・内部留保率

続きを見る

純資産(株主資本)つまりBPS(1株当たりの純資産)がどのように成長するかを表す指標なので、こちらも過去10年間のROEの情報を集めます。

Q7 その企業は強固な財務基盤を有しているか

バフェット流の13の視点の7つ目は、「Q7︓その企業は強固な財務基盤を有しているか」です。

経営上の困難な場面に直面した場合のリスクについて評価します。

ここでの指標は、長期負債と純利益の割合です。

長期負債を何年で返済できる程度なのかを把握しておきます。

Q8 その企業は⾃社株買い戻しに積極的か

バフェット流の13の視点の8つ目は、「Q8︓その企業は⾃社株買い戻しに積極的か」です。

株主還元策として、自社株買いがあります。

株価が低迷した場合などに行われる傾向がありますが、株主にとってESP・BPSを押し上げる効果があるので、行っていればポジティブです。

Q9 その企業の製品・サービス価格の上昇はインフレ率を上回っているか

バフェット流の13の視点の9つ目は、「Q9︓その企業の製品・サービス価格の上昇はインフレ率を上回っているか」です。

インフレ率とは「物価の上昇率」ですが、物価は一般的に上がっていくと考えられています。

製品価格が上がっても、ユーザーは減っていないのであれば、Q1の「消費者独占力」があると判断できます。

Q1と似た質問ですが、具体的に製品・サービスの価格を調べます。

Q10 その企業の株価は、相場全体の下落や景気後退、⼀時的な経営問題などのために下落しているか

バフェット流の13の視点の10個目は、「Q10︓その企業の株価は、相場全体の下落や景気後退、⼀時的な経営問題などのために下落しているか」です。

安く買えるタイミングか?ということです。

安く買うことは、「投資利回り」に大きく影響します。

ほどほどまたは安く買うことが、投資ではとても重要です。

Q11 株式の利回りと利益の予想成⻑率を計算し、国債利回りと⽐較せよ

バフェット流の13の視点の11個目は、「Q11︓株式の利回りと利益の予想成⻑率を計算し、国債利回りと⽐較せよ」です。

過去10年のEPSから、EPS成長率を計算します。

国債利回りより十分高いでしょうか?

同等であれば、リスクを取る必要はありません。

確実に利益が確保できる、国債がベターな選択となります。

Q12 株式を疑似債券と考え、期待収益率を計算せよ

バフェット流の13の視点の12個目は、「Q12︓株式を疑似債券と考え、期待収益率を計算せよ」です。

過去10年のROE・内部留保率から「将来のBPS」「将来のEPS」「将来の株価」を計算します。

ROEが高く保てているかも、株価の伸びに影響します。

「将来の株価」と「現在の株価」から「投資利回り」を計算し、満足できれば「買い」・Noであれば買わないという判断になります。

Q13 過去のEPS成長率をもとに計算する手法で、期待収益率を計算せよ

バフェット流の13の視点の1つ目は、「Q13︓過去のEPS成長率をもとに計算する手法で、期待収益率を計算せよ」です。

Q11で国債利回りより高ければ、EPS成長率から将来の株価を予想します。

過去10年のEPSとEPS成長率から「将来のEPS」+「将来の株価」を計算します。

「将来の株価」と「現在の株価」から「投資利回り」を計算し、満足できれば「買い」・Noであれば買わないという判断になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

本をだいぶ簡略化して説明させていただきました。

結構調べることが多いのですが、毎日のニュースなど見ながら、時間のある時は計算したりして、買う買わないを判断しています。

やっていない投資家もいるかと思いますが、思考は身につくと思いますので、気にいった会社があれば調べてみてください。

10年間のデータは、企業のAnnual Report(アニュアルレポート)に書かれているので参考にするといいと思います。

以上です。

ココがポイント

銘柄分析の方法:バフェット流13の視点

  • Q1︓その企業は消費者独占⼒を持っているか
  • Q2︓その企業を理解しているか
  • Q3︓その企業の製品・サービスは20年後も陳腐化していないか
  • Q4︓その企業はコングロマリットか
  • Q5︓その企業の1株当たり利益(EPS)は安定成⻑しているか
  • Q6︓その企業は安定的に⾼いROE(株主資本利益率)をあげているか
  • Q7︓その企業は強固な財務基盤を有しているか
  • Q8︓その企業は⾃社株買い戻しに積極的か
  • Q9︓その企業の製品・サービス価格の上昇はインフレ率を上回っているか
  • Q10︓その企業の株価は、相場全体の下落や景気後退、⼀時的な経営問題などのために下落しているか
  • Q11︓株式の利回りと利益の予想成⻑率を計算し、国債利回りと⽐較せよ
  • Q12︓株式を疑似債券と考え、期待収益率を計算せよ
  • Q13︓過去のEPS成長率をもとに計算する手法で、期待収益率を計算せよ
参考株価の指標について学ぼう①EPS(1株当たりの利益)とPER(株価収益率)

続きを見る

参考株価の指標について学ぼう②BPS(1株当たりの純資産)とPBR(株価純資産倍率)

続きを見る

参考株価の指標について学ぼう③ROE(自己資本利益率)と配当性向・内部留保率

続きを見る

 

 

 

-株式投資

© 2022 Sachieの株式投資日記 Powered by AFFINGER5