株式投資

東京ディズニーランド運営の(株)オリエンタルランド(4661)は本当に買いなのか?

今日は「東京ディズニーランド運営のオリエンタルランド(4661)は本当に買いなのか?」という話をしたいと思います。

注:個人的な意見も入りますので、投資の際は個人の判断でお願いします。

コロナウイルスで、休園となった東京ディズニーランドですが、オリエンタルランド(4661)の株価はどうなのでしょうか?

結論を言うと、個人的には「高すぎて買いたいと思わない」です。

女性や子供の心をつかんでいるのですが、コロナウイルスの影響は見通せていません。

景気の悪化が、消費者の財布にも影響し、これまでの成長ストーリーが描きにくくなると考えます。

インバウンドを期待したいですが、それでも株価を押し上げるほどの影響はないと考えます。

その根拠を説明したいと思います。

(株)オリエンタルランド(4661)の株価について

 

2020年7月14日の株価です。

2011年11月25日の株価は2015円だったようですが、9年で6倍になりました。

すごい値上がりです。

そんなに業績が向上したのでしょうか?

女性や子供が好きだというのは理解しておりますし、入園料も高くなって売上・利益も拡大していると言われれば、「まぁそうか」と思えます。

こういったファンは、お金では測れない価値を感じているので、オリエンタルランドにとって貴重な「お客様」であることは間違いないでしょう。

次にオリエンタルランドの業績を見ていきます。

業績の伸び以前に株価が高すぎる

アニュアルレポートから業績の推移の箇所を持ってきました。

安定した売り上げ増と共に、営業利益を着実に増やしてきました。

素晴らしいです。

親会社に帰属する純利益も増えているので、株主にとって良い会社であることは疑う余地はありません。

株価は6倍になっていますが、純利益は3~4倍・営業利益は2倍程度の増加です。

過去の株価は安すぎたのでしょうか?

それとも今が高すぎるのでしょうか?

財務的には大きな問題はなさそう

これまで有利子負債を減らしてきたともあるので、財務的には問題なさそうに思えます。

倒産の心配はないでしょう。

売上に対して20%超の営業利益をだし、純利益も15%を超えています。

収益率の高さは、超優良企業だと思います。

ある種のバブル?6,600~8,750円くらいが妥当?

当期利益 EPS 配当
2015.3 721億円 215.7 35
2016.3 739億円 221.3 35
2017.3 823億円 248.4 37.5
2018.3 811億円 246.7 40
2019.3 902億円 274.7 42
2020.3 622億円 189.2 44
2021.3(予想) 393億円 120 40~44

しかし、株価を見ると正直高すぎると言わざるをえません。

ESPが189.2円に対して、2020/7/14時点の株価は¥13,750です。

PER72倍です。(ギョギョギョ!)

僕なら、ちょっと買おうと思いません。

100株単位なので、1単元137万円です。

仮に人気株で、PER35倍でも、

EPS×PER=189.2×35=¥6,622

です。

仮に業績が戻っても

EPS×PER=250×35=¥8,750

です。

僕個人的には¥6,622~¥8,750に落ち着いてくるのだと思います。

正直株価が高すぎだと感じます。

僕がこの株に見る価値は、「半分くらい」です。

バブルじゃないのか?と思えるほどです。

株価においては「これまでのシンデレラストーリーが、コロナウイルスという悪魔によって崩れそう」な気がします。

いい会社であることは間違いありませんが、僕だったら今の株価で買いません。

株も人気が高いということですね。

注:繰り返しになりますが、投資の際は個人の判断でお願いします。

 

-株式投資

© 2022 Sachieの株式投資日記 Powered by AFFINGER5