株式投資

賃貸vs持ち家どちがいい?【投資目線だと賃貸がいい理由】

こんにちは。

今日は「賃貸vs持ち家どちがいい?」をしたいと思います。

「これから家を買おうか考えている」

「将来を考えて賃貸に住み続けるか、家を買おうか悩む」

そんな方も多いかと思います。

僕はこれまで賃貸にしか住んでいませんが、持ち家についても検討しました。

どのような判断基準で「賃貸に住むか」「家を買うのか」が記事でありますが、今回は投資をする身としての意見を加えて書きたいと思います。

目次

1.賃貸vs持ち家どちがいい?

2.賃貸のメリット・デメリット

3.持ち家のメリット・デメリット

4.「投資目線だと賃貸がいい」と考える理由

5.掘出物はないか探してみよう

1.賃貸vs持ち家どちがいい?

「賃貸vs持ち家どちがいい?」という問いについては、読んでいる方の家族の人数、経済状況や金利、趣味嗜好、人生設計にもよります。

少し判断基準となる質問を考えてみました。

以下の問いに答えてみると、「賃貸vs持ち家どちがいい?」かが見えてくると思います。

  1. その場所に長く住み続けるか?(Yes/No)
  2. 家族の人数が多くなって部屋数が欲しいか?(Yes/No)
  3. ローン返済まで収入を確保し続けられるか?(Yes/No)
  4. その場所は他の人も欲しがる土地か?(Yes/No)
  5. ローンを考えて、持ち家は賃貸より支払いが十分小さいか?(Yes/No)
  6. 頭金は少なくて済むか?(Yes/No)

6項目考えてみました。

すでに「家を買いたい」と考えている人は、1~4の質問が重要かと思います。

4つすべて「Yes」であれば、購入を考えてもいいと思います。

大方の人はローンを組んで購入すると思いますが、そもそも「その場所に長く住むのか」というのは考えなくてはいけません。(質問1)

家を購入することの最大のメリットは、「居心地のいい空間」や「広いスペース」です。

ローンや費用を負担して家を建てるので、結果として上のようなリターンが得られることは間違いないでしょう。(質問2)

ローンや費用を負担する以上、支払いのリスクを負います。

収入の審査はもちろん、あなたの支払いに対する信用が重要です。(質問3)

土地はできるだけ値上がりする土地が望ましいです。(質問4)

と言っても、場所に依りますよね。

「これから家を買おうか考えている」という方は、もう少し深堀りをして、それぞれのメリット・デメリットを考えてみるといいと思います。

2.賃貸のメリット・デメリット

まずは、賃貸のメリット・デメリットを考えていきましょう。

賃貸のメリット

  • 引っ越したくなったら解約する柔軟性
  • 時間をかけずに住まいを決められる
  • 初期費用が安い
  • まとまったお金が無くても住める
  • 自然災害(地震など)が起きてもリスクが小さい

賃貸のデメリット

  • 手狭になりがち
  • スペースに対して賃料が割高
  • 自分の好みに改修できない

何と言っても、「引っ越しても構わないという柔軟性」と「まとまったお金が要らない」というメリットで、賃貸を選ぶ方が多いのではないでしょうか?

「ずっとここにいたい」と思わない限り、家を建てるという決断には至りませんよね?

次は、持ち家のメリット・デメリットを考えてみましょう。

3.持ち家のメリット・デメリット

憧れのマイホームと考える人も多いですが、大変なこともあるのでお忘れなく。

メリット・デメリットを把握しておきましょう。

持ち家のメリット

  • 広くて快適な空間
  • 自分なりのアレンジが可能
  • 所有欲を満たしてくれる
  • スペースに対して賃貸より費用が割安

持ち家のデメリット

  • 大きな費用、または長期間の支払いリスクを負う
  • 気軽に引っ越しができない
  • 売りたいときに、すぐ売れない
  • 自然災害(地震など)が起きたら、リスクを負う

家があると、「所有している」ということから「帰る場所がある」という安心感が生まれる方もいるかと思います。

人のものと感じるか、自分のものと感じるかは大きな差ですよね。

住む場所は、大事なのでケチりすぎてもいけないところです。

広くて快適な空間を手に入れることは、生活の満足度を高めてくれるでしょう。

一方、デメリットはやはり経済的な面でしょう。

一括で買うにしても、まとまったお金が必要ですし、固定資産税もあります。

ローンを組むにしても、長期間の支払いリスクを負うことになります。

資金や長期間の支払い能力が求められます。

また自然災害に対するリスクもあります。

火災保険があるといっても、保険費用もありますしローンに加えて費用負担も増えます。

賃貸と同等ということにもなるので、比べて考える必要があります。

4.「投資目線だと賃貸がいい」と考える理由

僕個人的には、経済的にリスクと負担の小さい「賃貸」がいいと思います。

20年・30年の見通しなので、判断は個人に依ります。

土地価格が上がるという見立てが無ければ、「投資してお金を増やすという意味で、持ち家は増える効果がほぼない」と思います。

最初の質問の4項目に加えて、2項目も僕は判断材料になるかと思います。

  1. その場所に長く住み続けるか?(Yes/No)
  2. 家族の人数が多くなって部屋数が欲しいか?(Yes/No)
  3. ローン返済まで収入を確保し続けられるか?(Yes/No)
  4. その場所は他の人も欲しがる土地か?(Yes/No)
  5. ローンを考えて、持ち家は賃貸より支払いが十分小さいか?(Yes/No)
  6. 頭金は少なくて済むか?(Yes/No)

長く住む・子供が多くて手狭となれば、家を買うことも良いかと思います。

しかし、頭金を確保したりする必要もあり、そのお金を投資して「お金を増やす」という可能性も同時に「捨ててしまう」ことになります。

18~19年もすれば、子供はその場所から出ていく可能性もあります。

僕個人としては、1・4・6の質問で合致する土地があれば、投資面でも購入しても良いと思います。

1・4・6で「Yes」であれば、長期目線で負担が無くなると思います。

繰り返しになりますが、僕は土地価格が上がるという見立てが無ければ、「投資してお金を増やすという意味で、持ち家で資産が増える効果がほぼない」と思います。

「土地価格が上がる」というと、東京・名古屋・大阪など都市くらいでしょうか?

5.掘出物はないか探してみよう

1・4・6で「Yes」を満たすとなると、ちょっと考えることが多くなると思います。

得に焦っていないという方は、ネットで調べながら「掘出物はないか探してみる」のが良いと思います。

投資としても「損をしない」という判断ができれば、きっと良い購入となると思います。

まとめ

1.賃貸vs持ち家どちがいい?

 6つの質問に答えてみよう

2.賃貸のメリット・デメリット

 引っ越しできる柔軟性があるが、スペースに対して賃料は割高

3.持ち家のメリット・デメリット

 快適な空間を得る代わりに、経済的な負担を得る

4.「投資目線だと賃貸がいい」と考える理由

 投資してお金を増やすという意味で、持ち家は増える効果がほぼない

5.掘出物はないか探してみよう

 投資目線でもいい物件が無いか探してみよう

-株式投資

© 2022 Sachieの株式投資日記 Powered by AFFINGER5