複利の計算

将来の資産目標を決めよう

複利で運用したら、どんだけお金は増えるんじゃ!?
とり1号
Sachie
具体的な資産の目標を決めることが大事ですよ

おさらい

まず、ここまでのおさらいをします。

複利の式は、以下の式で表されることを説明しました。

複利の式

$$ A_y = A_0 \times ( 1+r ) ^{y} $$

参考複利の式を理解しよう!

続きを見る

3つの変数がありますが、それぞれの変数は以下を表します。

複利の式の変数

$$ A_y :y年目の資産額 $$

$$ A_0 :投資元本(初期資産) $$

$$ r :利回り $$

$$ y :年数 $$

そして複利の式で重要なことは、以下のような内容でした。

複利の式で重要なこと

1.最初に投資する元本(A0)が大きいほど、将来資産は大きい

2.利回り(r)が大きいほど、将来資産は大きい

3.年数(y)が長いほど、将来資産は大きい

参考複利の計算式から見える3つの重要なこと

続きを見る

さらに、複利を活かせる運用方法についても説明しました。

参考複利で運用する方法

続きを見る

投資を始める前にやってほしいこと

これまで、複利の式とその効果について説明してきましたが、投資をする前にやってほしいことがあります。

それは、「目標を決めること」です。

将来どうなりたいか?

いつ・どうなっていたいか?

を是非考えてほしいです。

1億円目指すとしても、30歳なのか、40歳なのか、50歳なのか、でやることは変わります。

だから「いつ・どうなっていたいか?」を明確にしてほしいです。

実際なれるか分からないのに決めるなんて!

と思われるかもしれません。

その通りですが、現実は「未来は、ほぼあなたが思い描いたとおりになる」ということです。

ここを掘り下げても、怪しい話になるので議論はしません。

まずは漠然と思い描いて、複利の計算シートを使って計算してみましょう!

複利で運用した時の将来資産のイメージを持とう

以下のリンクに、Googleスプレッドシートで作成した「複利の計算シート」のリンクを張りました。

これで計算するとただ「フーン。」で終わってしまうので、自分で作ってみてもいいと思います。

使い方は、シートにも書いてある通り赤字の数字を変更するとグラフが描けます。

A0にあなたの初期投資額を入れて、運用利回りrのパーセントと運用年数を入れてみてください。

何年後にいくらになっているかが計算できます。

運用利回りrは、一般的には3~7%と言われています。

若くしてお金持ちになる人は、もっと大きい数字になります。

ちなみに投資で有名なウォーレン・バフェットさんは「複利計算で約20%のリターンを約50年間」に渡って出しています。

仮に同じことができたらどうなるでしょうか?

ウォーレン・バフェットさんの利回りで運用した場合

複利の計算シートで、「ウォーレン・バフェットさんの利回りで運用した場合」どうなるか計算してみました。

100万円が、50年後は91億円!

恐るべし・・・

将来の資産目標を決めよう

最後にまとめです。

ポイント

「いつ・どうなっていたいか?」を思い描いて、初期投資額・利回り・年数を入力してください。

複利の計算シート(Googleスプレッドシート)

 

将来の資産目標が決まったら

次はこちら

投資日記をつけよう

-複利の計算

© 2022 Sachieの株式投資日記 Powered by AFFINGER5