複利の計算

お金持ちの方程式【経済的自由を手に入れる方法】

こんにちは。

お金持ちになる方程式があるとしたら知りたくありませんか?

お金を増やす方法があるとしたら知りたくありませんか?

「そんなもんがあるのかよ?!」

と、みんな思いますよね。

僕もあるなんて思いませんでした。

でも、あるのです。

転がっていました。

今日は、そんな方程式を3つ紹介します。

お金持ちの方程式①

まずは1つ目。

お金持ちの方程式①

$$ 資産形成 = ( 収入 - 支出 ) +( 資産 \times 利回り ) $$

1つ目は以下の本からの引用です。

お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 知的人生設計入門 (Amazonのサイトに飛びます)

概念として、いい表現ですね。

「お金持ちの方程式」とはっきり書かれたものを、僕はこの本で初めて見ました。

これ以上でも、入れ以下でもない、的を射た表現です。

この式から分かる重要なポイントは以下ですね。

  • 収入を支出以上にする
  • 資産を高い利回りで運用する

お金持ちの方程式②

お金持ちの方程式②

$$ A_y = A_0 \times ( 1+r ) ^{y} $$

$$ A_y :y年目の資産額 $$

$$ A_0 :投資元本 $$

$$ r :利回り $$

$$ y :年数 $$

お金持ちの方程式②と書いていますが、上は「複利の式」です。

お金を増やす効率的な方法は、「複利を使うこと」です。

ですので、お金持ちの方程式の2つ目にあげさせていただきました。

詳しくは、次の記事で話したいと思います。

お金持ちの方程式③

お金持ちの方程式③

$$ r  > g $$

$$ r :資本からの利益率 $$

$$ g :経済成長率 $$

最後は、トマ・ピケティ氏の「21世紀の資本論」からの引用です。

非常に長い本なのですが、この式が有名ですかね。

「資本からの利益率が、経済成長率より大きい」というものです。

資本(資産が)大きい人ほど、お金を増やせるということです。

経済成長率は、働く人の給料の増加につながりますが、それ以上に資産家の資産の方が増えているというのが、21世紀の事実ということです。

資産を大きくすることが、お金持ちの道だとも言えるのです。

まとめ

3つのお金持ちの方程式を紹介しました。

いかがでしたか?

この式を念頭に投資をすれば、きっとお金は増えていくと思います。

正しい理解が必要ですが、お金に関しては「これ以上でも、これ以下でもありません」。

これしかない!と実は言い切れるほど単純です。

僕のブログでは、お金持ちの方程式①や②について、自分のやっていることについて書いています。

複利の式は、エクセル(Googleスプレッドシート)を公開しているので活用してください。

最後にポイントをまとめます。

ポイント

お金持ちの方程式は3つある。

お金に関する知識は、これだけだ!

①資産形成

 $$ 資産形成 = ( 収入 - 支出 ) +( 資産 \times 利回り ) $$

②複利の式

$$ A_y = A_0 \times ( 1+r ) ^{y} $$

$$ A_y :y年目の資産額 $$

$$ A_0 :投資元本 $$

$$ r :利回り $$

$$ y :年数 $$

③資本からの利益率と経済成長率

$$ r  > g $$

$$ r :資本からの利益率 $$

$$ g :経済成長率 $$

参考:

お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 知的人生設計入門 (Amazonのサイトに飛びます)

お金持ちの方程式が理解できたら

次のステップ:複利の式を理解しよう ↓

参考複利の式を理解しよう!

続きを見る

次の次のステップ:複利の計算をエクセルで計算してみよう ↓

参考複利の計算をエクセルで計算してみよう!【エクセルシートを公開します】

続きを見る

次はこちら

複利の式を理解しよう >

 

-複利の計算

© 2022 Sachieの株式投資日記 Powered by AFFINGER5