株式投資

EPSの成長率の計算しよう!計算方法を解説します

こんにちは。

今日は「EPSの成長率の計算しよう!」という内容で書きたいと思います。

以前、「銘柄分析の方法を学ぼう【バフェット流13の視点を解説します】」という記事を書きました。

バフェット流の銘柄分析では、EPS成長率に着目して分析をする項目があります。

EPSの成長率ってどうやって計算するの?

という疑問について、本記事で解説したいと思います。

参考銘柄分析の方法を学ぼう【バフェット流13の視点を解説します】

続きを見る

EPS成長率の計算式

\( r\)をEPS成長率、\( A\)を直近のEPS、\( A_0\)を\( y\)年前のEPS、\( y\)を年数とすると、以下の数式でEPS成長率が計算できます。

EPS成長率の計算式

$$ r = \left( \frac{A}{A_0} \right)^{\frac{1}{y}} - 1 $$

$$ r : EPS成長率 $$

上の式は、実は複利の式を変換しているだけです。

複利の式は以下の式になります。

複利の計算式

$$ A = A_0 \times ( 1+r ) ^{y} $$

成長率とは、複利で言う金利で何%なのかを表すものです。

高いほど、株価は上がると予想されます。

複利の式については以下の記事でも書いていますので参考にしてください。

参考複利の計算をエクセルで計算してみよう!【エクセルシートを公開します】

続きを見る

EPS成長率≒株価の伸び率

株価は以下の式で決まります。

すなわちPERが一定であることを前提とすると、EPSの成長率が株価の伸び率となります。

株価の計算式

$$ 株価 = PER \times EPS $$

過去のEPSの成長率が、将来も続いていくのであれば、株価もEPSの成長率に伴って伸びていくことが期待されます。

過去のEPSがどのようになっているのかは、銘柄を分析する上で重要な指標となります。

PERとEPSについては過去の記事で書いていますので参考にしてください。

参考株価の指標について学ぼう①EPS(1株当たりの利益)とPER(株価収益率)

続きを見る

AAPLのEPS成長率を見てみよう

1つ例としてApple のEPSの成長率を見てみましょう。

AAPL
Year EPS
1 2012.9 1.58
2 2013.9 1.42
3 2014.9 1.61
4 2015.9 2.31
5 2016.9 2.08
6 2017.9 2.30
7 2018.9 2.98
8 2019.9 2.97
9 2020.9 3.28
10 2021.9(予想) 3.93
11 2022.9(予想) 4.26

例えば、2012年9月から2020年9月までの8年間のEPSの成長率を計算してみましょう。

AAPLのEPS成長率

$$ r = \left( \frac{A}{A_0} \right)^{\frac{1}{y}} - 1 $$

$$ = \left( \frac{3.28}{1.58} \right)^{\frac{1}{8}} - 1 $$

$$ = 9.56 \% $$

AAPLのEPSは9.59%の成長率で増加しました。

株価もおおよそ10%で上昇したと想像できます。

EPS成長率が高い株に投資しよう!

EPS成長率を高いまま維持しいている企業に投資するということは、高い金利でお金を預けていることと同じです。

複利の効果で、株価つまりあなたの資産は増えていくので、大きな資産増加が期待できます。

しかし、過去のEPS成長率が、将来に渡って維持できるとは限りません。

将来に渡ってEPSを成長させれるかは、あなたの目利きであり、成長できる企業に投資することが「投資で成功する」ということなのです。

今日は以上です。

まとめ

ポイント

  • 買おうと思う銘柄のEPS成長率に注目しよう
  • EPS成長率の計算式は以下

$$ r = \left( \frac{A}{A_0} \right)^{\frac{1}{y}} - 1 $$

  • EPS成長率≒株価の伸び率
  • 将来に渡ってEPSを成長させれる企業に投資しよう

続いて「EPS成長率を一瞬で計算する方法」という記事も作ってみました。

参考にしてください。

参考EPS成長率を一瞬で計算する方法【Googleスプレッドシート付】

続きを見る

参考

参考EPS成長率を一瞬で計算する方法【Googleスプレッドシート付】

続きを見る

参考銘柄分析の方法を学ぼう【バフェット流13の視点を解説します】

続きを見る

参考複利の計算をエクセルで計算してみよう!【エクセルシートを公開します】

続きを見る

参考株価の指標について学ぼう①EPS(1株当たりの利益)とPER(株価収益率)

続きを見る

-株式投資

© 2022 Sachieの株式投資日記 Powered by AFFINGER5