株式投資

誘いをうまく断る方法【時間をもっと作りたい方向け】

銘柄選択の方法

こんにちは。

今日は「誘いをうまく断る方法」について話したいと思います。

「誘いが多くて、どう断ろうか悩む」

「好意で誘ってくれるから断りにくい」

コミュニケーション能力が高いがゆえに悩んでいる方、うまい言い訳紹介します。

もっと自分の時間を作りたい方は、是非実践してみてください。

目次

誘いをうまく断る方法【時間をもっと作りたい方向け】

1.上手な断り方①「その日は予定(約束)があるんだ」

2.上手な断り方②「次の日早く起きなきゃいけない」

3.上手な断り方③「今、彼女(彼氏)といる」

4.自分の価値判断を大事にしよう

誘いをうまく断る方法【時間をもっと作りたい方向け】

誘いを断りにくいけど、内心断りたい誘いってありますよね?

誰とでも仲良くして、誘いをすべて受けることは、自分にとって良いこととは限りません。

忙しい人ほど、自分の時間も大事にしたい。

うまい断り方を3つ紹介します。

1.上手な断り方①「その日は予定(約束)があるんだ」

断り方の1つ目は「その日は予定(約束)があるんだ」と答えること。

別に無くても構いません。

自分の時間で確保したいのであれば、それも予定なので「予定がある」と伝えて断りましょう?

「何の予定?」と聞かれても「ちょっとねー」とか「内緒」と言ってかわしましょう。

「予定がある」は王道の断り方ですね。

彼女や彼氏がいる、結婚している方は「今日(その日)は早く帰らなきゃいけない」と言ってもいいかもしれません。

2.上手な断り方②「次の日早く起きなきゃいけない」

断り方の2つ目は、「次の日早く起きなきゃいけない」です。

これは平日働いている人なら、金曜日の夜のお誘いを断るときに使えます。

「次の日出かける予定があって、早く起きなきゃいけない」と言えば、誰も無理して誘ってこないでしょう。

3.上手な断り方③「今、彼女(彼氏)といる」

断り方の3つ目は、「今、彼女(彼氏)といる」です。

当日の急な誘いもありますよね?

そんな誘いにも「今、彼女(彼氏)といる」と言えば、無理に誘ってくる人もいません。

電話がかかってきても電話に出ないで、LINEで返しましょう。

4.自分の価値判断を大事にしよう

学校では、みんなと仲よくしようと教わってきたかもしれませんが、すべて同調する必要はありません。

周囲の人にいい顔をしたところで、あなたが幸せになったり、豊かになるかは別問題です。

大事なのは、「それをやってあなたが楽しいか?幸せか?」であり、そうでなければ断っても構いません。

「つまらなそう」と少しでも思えば、誘いは断っても構いません。

自分の価値判断を大事にしましょう。

今日は以上です。

まとめ

誘いをうまく断る方法【時間をもっと作りたい方向け】

1.上手な断り方①「その日は予定(約束)があるんだ」

2.上手な断り方②「次の日早く起きなきゃいけない」

3.上手な断り方③「今、彼女(彼氏)といる」

4.自分の価値判断を大事にしよう

「それをやってあなたが楽しいか?幸せか?」が大事。

「つまらなそう」と思えば、誘いは断っても構わない。

-株式投資

© 2022 Sachieの株式投資日記 Powered by AFFINGER5