株式投資

インデックス投資のはじめ方

とり1号
インデックス投資って、何がいいんだ?
僕なりの考えを書くよ
Sachie

こんにちは。

今日は「インデックス投資」について書きたいと思います。

「インデックス投資」の良いところ・悪いところから、具体的に何を買ったらいいのかまで、書きたいと思います。

インデックス投資とは?

「インデックス投資」とは、株価の指標に連動する投資手法です。

ニュースで「日経平均」とか「TOPIX」とか聞いたことないでしょうか?

これは、株式相場全体を平均した「指標」です。

平均なので、市場全体の動向が分かります。

なので「インデックス投資」は、「国の経済」に連動すると言ってよいでしょう。

日経平均に連動した「株」のようなものを、個人でも買うことができます。

これをインデックス投資と言います。

インデックス投資はどうやってやるのか?

「インデックス投資」をやる方法は、2つあります。

  • 指標に連動した投資信託をやる(eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)、楽天・全米株式インデックス・ファンドなど )
  • ETFを買う。(VOO、VTI、VT、QQQなど)

投資信託は、証券会社や運用会社の名前が付いたものが多いですね。

証券会社が、お金を集めて運用していて、証券会社は手数料を取って運用しています。

投資信託でも、インデックスタイプは、指数に連動した運用なので手数料が安いです。

NISAやiDecoでは、投資信託しか買えないといった条件があったりもします。

投資信託でインデックス投資をしようという方は、指数連動かと手数料が低いかをチェックして購入するといいです。

もう1つのインデックス投資の方法は、ETFを買う方法です。

ETFは、「上場された」投資信託で、株のように売り買いしやすいタイプの投資信託です。

バンガード社といった海外の運用会社が、上場して売り出していますが、投資信託よりさらに手数料が安いのが特徴です。

ETFを選ぶうえで大事なことは、手数料が安いことと出来高が大きいことです。

ETFは、多くの人が買っているものを買うのがいいです。

インデックス投資の良いところ・悪いところ

次に、インデックス投資の良いところ・悪いところについて述べます。

良いところ

  • 安定したパフォーマンス・利回りが期待できる。
  • 右往左往しないで済む

悪いところ

  • 短期で大きな当たりは期待できない

株はギャンブルのように思う方はいるかもしれませんが、「インデックス投資」はギャンブルにもならないほど地味なものです。

経済や企業の成長に連動していくので、ゆっくり上がっていきます。

倒産・破産の心配はありません。

何せたくさんの企業の株価の平均ですからね。

インデックス投資は、倒産・ギャンブルと縁のない投資手法です。

そういった意味で、老後資金を作る運用・投資手法であると思います。

インデックス投資をやるために何を買えばいいの?

では具体的に何を買えばいいのか?という話に入りたいと思います。

大筋はすで書きましたが、投資信託かETFです。

  • 指標に連動した投資信託をやる(eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)、楽天・全米株式インデックス・ファンドなど )
  • ETFを買う。(VOO、VTI、VT、QQQなど)

投資信託

投資信託については、指数連動型で手数料の安いものを選びます。

  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド(管理費用0.162%程度)
  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)(管理費用0.0968%程度)
  • etc(その他はたくさんある)

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)は手数料安いですね。

NISAなどでも買えるので、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)で良さそうです。

ETF

ETFは、好みもあると思いますがおすすめ順で書きます。

コード 銘柄名 取引所 経費率 投資テーマ
VOO バンガード・S&P 500 ETF NYSE Arca 0.03% 主に米国大型株を投資対象とする、S&P500 指数に連動
QQQ パワーシェアーズQQQ信託シリーズ1 NASDAQ 0.2% ナスダック100指数(Nasdaq-100 Index)(同指数)の構成証券の全てを保有
VTI バンガード・トータル・ストック・マーケットETF NYSE Arca 0.03% 大型株から中小型株まで米国株式市場の投資可能銘柄ほぼ100%に投資
VT バンガード®・トータル・ワールド・ストックETF NYSE Arca 0.09% 米国を含む全世界の先進国株式市場及び新興国市場へ幅広く投資
SPY SPDR S&P 500 ETF NYSE Arca 0.09% 米国初のETFでS&P500 指数に連動

VOO(S&P500)が王道だと思います。

AppleとかGoogleなどハイテク企業を中心に投資したければ、QQQ(Nasdaq-100)がおすすめです。

ETFは、上の5つを知っておけばいいと思います。

まとめ

ポイント

投資信託は以下がおすすめ。

  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)(管理費用0.0968%程度)

以下楽天証券のサイトで検索できます。

https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fund/find/search/result.html

ETFは以下がおすすめ。

  • VOO(S&P500)(経費率0.03%)
  • QQQ(Nasdaq-100)(経費率0.2%)

以下楽天証券のサイトで検索できます。

https://www.rakuten-sec.co.jp/web/market/search/etf_search/?form-text-01=&mktch_us=on&mktch_hk=on&mktch_sg=on

参考

参考株式投資の始め方【手順を追って説明します】

続きを見る

参考投資をやる理由

続きを見る

参考投資の基本

続きを見る

参考株を始めたらお金が貯まるようになった話【投資初心者おすすめ】

続きを見る

参考株式投資をシミュレーションで体験する方法【全部無料・超初心者におすすめ】

続きを見る

参考投資でお金を増やすまでのロードマップ

続きを見る

-株式投資

© 2022 Sachieの株式投資日記 Powered by AFFINGER5