株式投資

株式投資でおすすめの本と言われればこの一冊です

んにちは。

今日は「株式投資でおすすめの本と言われればこの一冊」という話をしたいと思います。

強烈な印象を与えてくれる本や経験ってどれだけあるでしょうか?

何となく株をやろうと思った僕ですが、僕はこの一冊を強くお薦めします。

今日はその理由について、語りたいと思います。

「株をこれから勉強したい」

「株の何がいいの?」

って思う方は是非読んでください。

1.株式投資でおすすめの本と言われればこの一冊

2.おすすめの本の何がすごい?

3.株に「金利」がある?

4.ちょっと簡単な説明

5.理解できればやらずにはいられない

1.株式投資でおすすめの本と言われればこの一冊

(Amazonのサイトに飛びます)

 

以前も紹介しましたが、この一冊です。

億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術 (Amazonのサイトに飛びます)

この本は、何の数字を見て株の銘柄を選ぶべきか教えてくれます。

ワークブックとなっていて、選ぶための手順が書いてあります。

僕はこの本を何日も読んでいました。

「こんな手順で調べて、株を買っているんだ」

と感動しました。

それだけではありません。

株価がどのように上がっていくかを計算できるのです。

(あくまで理論的には)

2.この本の何がすごい?

繰り返しになりますが、株価がどのように上がっていくか書いてあります。

「すごい!こうやって株価が上がるのか!」

読んで感動しました。

さらに、どんな割合で上がっていくかが述べられています。

複利の式の「金利」です。

中でも銀行には「金利」がありますが、株にも「利回り」というものがあると教えてくれます。

株の「金利」です。

誰も教えてくれない話。

内緒なのかな?

株の利回りが分かる素晴らしい本です。

3.株に「金利」がある?

まぁ確かに将来のことは分からないので、確実な話ではないのですが、本では「期待収益率」と言って書かれてます。

「期待収益率」10%、15%、20%・・・

夢のような話です。

こんな高い金利は他ではありあえません。

だからみんな株に夢中になるんですね。

ネタばれになりますが、その答えとは何でしょうか?

(理想的には)

「期待収益率=ROE×内部留保率」

です。

「ROE(Return on Equity)」とは、資本利益率です。

詳しくはここでは述べません。

この本には、ある限られたいい条件のビジネスを展開している企業は上の式で、収益・株価が伸びると書かれています。

「いい条件で」ってところがミソなのですが。

株価がどう伸びていくか予想しよう!という試みがこの本にはあります。

4.ちょっと簡単な説明

ちょっとだけ簡単な説明をします。

ビジネスを拡大すれば利益が増える循環が続いていれば、株価はその伸びについていきます。

この伸び率が、「株の収益率」です。

例えばある企業が、資本1億円出して資本の10%=1000万円の利益を出したとします。

次の年は、1000万円の利益を再度投資して、1億1000万円分投資します。

そして、投資した1億1000万円の10%=1100万円が利益が出たとします。

さらに次の年は、1億2100万円投資して・・・・

こうしてある率で利益が増えていきます。

この利益の割合いが「ROE(Return on Equity)」資本利益率であり、この割合が株価の伸びに影響します。

上の例はROE=10%、内部留保100%の場合でした。

つまりROE=10%の割合で、株価も上がっていきます。

現実的には配当などあって、内部留保100%でない場合が多いです。

5.理解できればやらずにはいられない

簡単な説明でしたが、株のおおまかな利回りが分かるとやらずにはいられません。

「期待収益率=ROE×内部留保率」が大きい企業に投資すれば、理論的には資産は増えるのですから。

まぁ現実は、いろいろ事件が起こってこの率の通りに行きませんが、とても夢のある計算だとぼくは思いました。

「株をこれから勉強したい」という方は是非読んでみてください。

億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術 (Amazonのサイトに飛びます)

まとめ

1.株式投資でおすすめの本と言われればこの一冊

 億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術 (Amazonのサイトに飛びます)

2.おすすめの本の何がすごい?

 株価がどのように上がっていくかを教えてくれる。

 株の「金利」(利回り)の計算方法を教えてくれる

3.理解できればやらずにはいられない

 

-株式投資

© 2022 Sachieの株式投資日記 Powered by AFFINGER5