株式投資

株価の指標について学ぼう③ROE(自己資本利益率)と配当性向・内部留保率

こんにちは。

今回も、株価の指標について学んでいきたいと思います。

3回目の今回は、厳密には株買いに対する指標というより、会社の利益率や株価の上昇率に関する指標です。

株を買う際、「配当をもらうか」「株価が上がってほしいか」どちらを期待するかを見極めなくてはなりません。

配当利回りを見れば、株価に対する配当の割合が分かります。

では、株価の上昇率はどこを見ればいいのでしょうか?

正しく判断できるようになれば、きっと株式投資をやって利益を得ることができると思います。

今回は、ROE(自己資本利益率)と配当性向・内部留保率について学んでいきたいと思います。

株価の指標について学ぼう③ROE(自己資本利益率)と配当性向・内部留保率

今回は、ROE(自己資本利益率)と配当性向・内部留保率について取り扱います。

これまで利益に着目したEPS(1株当たりの利益)とPER(株価収益率)と、会社の資産に着目したBPS(1株当たりの純資産)とPBR(株価純資産倍率)について解説してきました。

今回は、これらを合わせた指標のROEについて考えていきます。

「利益が資産になり、資産で利益を拡大させる。」

小さかった会社が急成長するのも、上の仕組みがあるからです。

ROE(自己資本利益率)の指標についてまず説明します。

ROEとは?

ROEとは、「Return on Equity」の頭文字で「自己資本利益率」と言います。

Returnとは利益のことで、Equityは自己資本のことで、以下の式で表されます。

ROE(自己資本利益率)=純利益÷自己資本

上の図に純資産と利益の関係を描きました。

資産が、売上を生み利益が出ますが、「純利益が自己資本に対してどんな割合か?」をROEは表しています。

自己資本(ざっくり言えば純資産)が小さくて、純利益が大きいほどROEは大きくなります。

一般的には「ROEが大きいほど、負債(借金)が大きくなる」ので、利払いも増えることもあり、ROEを上げることは簡単ではありません。(経営上のリスクも増えます)

ROEが高いということは、「借金が多くても利払いが問題ないだけの収入がある」または「営業利益率が高い・経営効率がいい」ということにもなります。

「効率よくお金を稼ぐこと」を株主は求めますので、ROEが高いことが「経営効率が良い」ということにもなります。

配当性向・内部留保率について

企業は、得た利益を「株主に還元する」か「さらに事業拡大して稼ぐ」という2択を迫られます。

「株主に還元する」というのが、一般的に「配当」と言われるもので「お金」で支払われます。

「さらに事業拡大して稼ぐ」場合、利益は会社の銀行口座にあり「内部留保」と言われます。

会社はこの「内部留保」を使って、さらに売上・利益を上げるよう投資をします。

内部留保により、毎年売上が上がり(増収)、利益が増える(増益)ことを求められるわけです。

伸びている会社は、増収・増益が期待されるわけです。

この配当に回す割合を、「配当性向」といい、会社に残した割合を「内部留保率」と言います。

多くの企業は「配当性向」は○○ですと発表し、「内部留保率」を語ることはありません。

教科書的には「ROE×内部留保率」が、株価の期待上昇率

「配当性向」が0(ゼロ)である場合、すべて内部留保とされ、企業の投資に使われます。

当然、企業はさらに利益を増やすために、投資をします。

ROE(自己資本利益率)を維持して、利益を増やした場合の利益と自己資本の推移が上の表になります。

あくまで理想的な場合ですが、「ROE(自己資本利益率)を維持して、純利益をすべて再投資した場合、自己資本(株主資本)はROEの割合で成長する」ことになります。

1株当たりの純資産(≒自己資本、株主資本)はBPS、1株当たりの純利益はEPSでした。

つまり「BPS・EPSが、ROEの割合で増える」ということになります。

実際には、配当があるので以下のような表になります。

利益の一部を配当で出しているので、「BPS・EPSが、ROE×内部留保率の割合で増える」ことになります。

これはあくまで、理論的には・・・とい話で現実そうなるとは限りません。

ROEが高く維持できるのは、希少な企業

ROEが高い企業は、そうそう多くはありません。

借金が多いほどROEは高くなりますし、倒産など資金繰りが悪化した場合、「倒産」のリスクもあります。

利益自体も変動するため、企業はある程度、資金の余裕をもって経営にあたるためROEを上げるにも限界があります。

今回は「あくまで教科書的には」という意味で書かせていただきました、「教科書のように利益・株価を伸ばす」企業もあります。

そんな素晴らしい企業の株を持つことができれば、きっとあなたは幸せな人生となるでしょう。

今日は、ROEについて解説しました。

以上です。

まとめ

ポイント

株価の指標について学ぼう③ROE(自己資本利益率)と配当性向・内部留保率

1.ROEとは?

ROE(自己資本利益率)=純利益÷自己資本

2.配当性向・内部留保率について

配当性向は企業が発表している

3.教科書的には「ROE×内部留保率」が、株価の期待上昇率

4.ROEが高く維持できるのは、希少な企業

リスク・企業の経営をよく把握するべし

-株式投資

© 2022 Sachieの株式投資日記 Powered by AFFINGER5