株式投資

株価の指標について学ぼう②BPS(1株当たりの純資産)とPBR(株価純資産倍率)

こんにちは。

前回に続き、株価の指標について学んでいきたいと思います。

株を買う際、どこに着目して「買う」「買わない」を判断しているのでしょうか?

今の株価が「高い」のか「安い」のか。

判断できるようになれば、きっと株式投資をやって利益を得ることができるでしょう。

今回は、BPS(1株当たりの純資産)とPBR(株価純資産倍率)について学んでいきたいと思います。

株価の指標について学ぼう②BPS(1株当たりの純資産)とPBR(株価純資産倍率)

まず、少しおさらいをしたいと思います。

前回は、EPS(1株当たりの利益)とPER(株価収益率)について解説をしました。

EPSは一株当たりの利益であり、PERはEPSに対して株価は何倍なのかを表す指標でした。

今日学ぶBPS(1株当たりの純資産)とPBR(株価純資産倍率)も考え方は似ています。

BPSは一株当たりの純資産であり、PBRはBPSに対して株価は何倍なのかを表す指標です。

つまり以下2つの式が成り立ちます。

株価 = PER × EPS

株価 = PBR × BPS

どちらも正しく、1つは利益に着目し、1つは純資産に着目しています。

家計に例えると、例えば「年収1000万で、2000万円の貯金がある」としましょう。

「年収1000万ある」と見て「お金持ち!」と判断するか、「2000万円貯金がある」と見て「お金持ち!」と判断するかは、別の話ということです。

それぞれの指標について、もう少し詳しく説明していこうと思います。

BPS(1株当たりの純資産)とは?

BPSとは、Book-value Per Shareの頭文字で、「1株当たりの純資産」と言います。

Book-valueとは「純資産」であり、上の絵の青色の部分になります。

上の絵は、貸借対照表を模式的に書いた図で、「純資産」は文字の通り「会社の純粋な資産」になります。

家のローンで買うことで例えると、以下のようになります。

資産:土地、建物、現金預金

負債:ローンで借りたお金

純資産:現金預金、土地・建物のうち自分で払った分

自分で払った分や現金は「純粋な資産」にあたるので、この分の価値はあなたのものであり、株で言うと「株主のもの」となります。

「純資産」を株数で割ったものが、BPSつまり「1株当たりの純資産」であり、これを下回ることはあまり考えられません。

100万円が90万で売られることってないですよね?

株の世界ではあり得ますが、BPSは「一株の正味の資産価値」を表す指標と言えます。

株価が、BPSの何倍か?が「高い」か「安い」か見るポイントとなります。

PBR(株価純資産倍率)とは?

繰り返しになりますが、株価が、BPSの何倍か?というのが、「高い」か「安い」か見るポイントとなります。

この何倍か?を合わすのがPBR(Price Book-value Ratio、株価純資産倍率)です。

冒頭にも話した以下の式が成り立ちます。

株価 = PBR × BPS

一般的には、PBR=1以下が「割安」で、それ以上が割高とされます。

純資産は、黒字ですべて配当で出さない限り、増えていく数字になります。

株でBPS=1はあまりなく、ほとんど1以上です。

ただし、不人気な株や将来性に不安を持たれた株は、1以下になります。

「純資産」は、家計で言うと預貯金ですが、企業も赤字であったり、思わぬ出費が出ると、この純資産が大きく目減りすることがあります。

なので、しっかりと会社の経営、つまり会社の財布の中身を見ておく必要があります。

PER×EPSとPBR×BPS

株価がどのように決まってくるか、少しイメージ湧いてきたでしょうか?

株価 = PER × EPS

株価 = PBR × BPS

株価は、2つの式で表されますが、どちらで決まると言い切れません。

株価は、人の期待で揺らぎます。

「リーマンショックだー」「コロナウイルスだー」と言って、株価が下がることもあります。

PER・PBRはあくまで指標で、コロコロ変わります。

1日や3日で大きく変わることもざらです。

考えすぎることもありませんが、これらの4つは株価で使われる言葉なので知っておくべきでしょう。

日経平均PBRのデータについて

最後に日経平均の過去のPBRデータを紹介します。

上は「投資の森」というサイトより。

https://nikkeiyosoku.com/nikkeipbr/

2005年から2020年にかけて、PBRが大きく下がったのは3回あります。

1.2009年 リーマンショック

2.2012年 欧州危機

3.2020年 コロナショック

この時期以外は、日経平均のPBRは1倍を超えています。

日経平均が1倍を下回った時は、○○ショックや○○危機で割安になると言えると思います。

いつ起こるかは分かりませんが、投資できる準備をしておくのが良いと思います。

BPS・PERについての説明は以上です。

まとめ

ポイント

株価の指標について学ぼう②BPS(1株当たりの純資産)とPBR(株価純資産倍率)

1.BPS(1株当たりの純資産)とは?

BPSとは、Book-value Per Shareの頭文字で、「1株当たりの純資産」

2.PBR(株価純資産倍率)とは?

PBR(Price Book-value Ratio、株価純資産倍率)は、株価がBPSの何倍かを表す指標

3.PER×EPSとPBR×BPS

株価 = PER × EPS

株価 = PBR × BPS

株価は2つの式で表されるが、どちらで決まると言い切れない

4.日経平均PBRのデータについて

2005年から2020年にかけて、PBRが大きく下がったのは3回

株価が大きく下がった時は、株が割安で投資のチャンス

-株式投資

© 2022 Sachieの株式投資日記 Powered by AFFINGER5