株式投資

投資でお金を増やすまでのロードマップ

「どんなことをやったら投資でお金が増えるようになるんだろう?」

投資でお金が増えたと言われると気になりますよね?

増える額には差はあると思いますが、投資は「増えて当然」の世界です。

増えないのに、やる人なんていませんよね?

増えているのか、しっかり管理しながら行いましょう。

今回は、投資をこれから始めたい人に向けて「投資でお金を増やすまでのロードマップ」を示したいと思います。

資産1億円を超えた「億り人」と呼ばれる人は、世のなかにたくさんいます。

(超えてない人は、もっとたくさんいますが・・・)

多くの資産を気付いた人は、ほぼ例外なくあることを実践しています。

そのことに気付いてもらうための記事です。

注:書いたら長くなったので、時間のある時に読んでください。

簡単な流れ

  • 生活費は確保する
  • 無駄遣いは最小限にする
  • まずは「収入>支出」にしよう
  • お金を残せない人は「収入>支出」に徹するべし【壁①】
  • 「収入=支出」の人は結構多い
  • お金が無くても実は何とかなる「答え:時間」
  • 時間×世の中への貢献(あなたの努力)=お金
  • お金が増えそうなことに挑戦する【壁②】
  • お金が増えそうなことに挑戦しない人は結構多い
  • お金を増やす4つの方法
  • ①収入を増やす
  • ②支出を減らす
  • ③運用してお金を増やす
  • ④-1. お金を使って時間を作る
  • ④-2. 余った時間で世の中に価値を提供する
  • とにかく①~④を繰り返す
  • やってみると分かるけど②③①④の順番で簡単
  • 「倹約」と「運用」でぼちぼちいい人生になる
  • 自分の力・自分が作った仕組みで収入を増やす【壁③】
  • 自分の力・自分が作った仕組みで収入を増やせる人は少ない
  • 収入=世の中への貢献に対する対価
  • 失敗しても損を小さくして早めに撤退
  • 自信があれば大きく賭ける
  • よく分からないことに大きく賭けない
  • 成果を焦らない=日々倹約・日々努力・日々調査
  • 得意なこと・苦じゃないことをやって、苦手はあきらめてもいい
  • お金を払って調べることも投資【調べることを馬鹿にしない】
  • 人生遅咲きでも構わない

投資でお金を増やすまでのロードマップ

上の目次に流れを書きました。

投資の定義は、株式投資のようにお金を使うことから、時間と労力を使うことまで、広く定義しました。

自分の親や、お金がありそうな人を観察すると、上のような流れかと思います。

若くしてお金を稼いでいる人は、壁となる【壁②】【壁③】を短い時間で超えています。

行動力と嗅覚ですかね。

のんびり屋さんでも、投資でお金を増やすこともできるので心配しなくて大丈夫です。

1つずつ説明していきます。

生活費は確保する

生活費がないとそもそも生きることができません。

学生は、親の支援があるかもしれませんが、働いている人・親がいない人は自分で稼ぐしかありません。

境遇は、運としか言いようがなく、嘆いても仕方がありません。

生きていくために、まずは生活費は確保してください。

ここは大丈夫ですよね?

無駄遣いは最小限にする

もしたくさんお金があるからと言って、支出を増やしすぎないように気をつけましょう。

支出には、「いい支出」と「悪い支出」があります。

「悪い支出」は「浪費」や「無駄遣い」で、結果的にあなたのためにはなりません。

「いい支出」は、「投資でお金を増やす」とここでは定義します。

「収入=悪い支出」だといつまで経ってもお金は増えません。

まずは「収入>支出」にしよう

お金をどうやって増やすか分からない時は、まずは「収入>支出」にすることをおすすめします。

増やすことが分からなくても、どうやったら増えるか分かってから使えばいいのです。

収入と支出の差額は、個人差があると思います。

収入がたくさんあれば言うことなしです。

収入が少なくても、支出を抑えれば何とかなります。

以下、僕の体験談です。

参考4年で貯金1000万円到達した方法【僕の実体験です】

続きを見る

お金を残せない人は「収入>支出」に徹するべし【壁①】

「全然お金が残らない・・・」

そんな人も多いかもしれません。

「収入>支出」にできるがどうかがまず1つの壁だと思います。【壁①】

「収入が少ない+支出が多い」と残るお金は、当然少なくなります。

当たり前です。

よく分からず「収入=支出」になっては絶対だめです。

あえて「収入=支出」ならまだいいですよ。

お金を残せない人は「収入>支出」に徹してください。

「それでも全然お金が残らない・・・」

ここでガッカリせずもう少し読み進めてください。

「収入=支出」の人は結構多い

高収入でも「収入=支出」の人は、ぼちぼちいたりします。

(年収1000万でも貯金ゼロなんている人もいるらしいです。)

実は収入が少ないから、「全然お金が残らない・・・」のではありません。

大事なのは「収入ー支出」の「差」です。

ほとんどの人は、「収入が低いから・・・」と諦めます。

案外そうではないんですよね。

「収入ー支出」の「差」が無いからなんです。

盲点です。

収入が低くても嘆く必要はありません。

お金が無くても実は何とかなる「答え:時間」

お金が無くても、案外幸せというケースがあります。

それは、「自由な時間がたくさんあること」です。

専業主婦は、全然お金がありませんが、案外幸せです。

自由な時間が多いからです。

お金が全てではありません。

「お金」と「自由な時間」の両方があると、「めっちゃ幸せ」です。

「お金」と「自由な時間」の両方無い人は、結構つらいです。

ただし「楽しいことをやって、時間がなければ」OKですよ。

僕は収入0で海外生活をしていた時期がありますが、ストレスフリーで最高の時間でした。

お金が無くても、自由な時間があれば人生楽しいです。

時間×世の中への貢献(あなたの努力)=お金

「お金がないから、どうしようもない」というのは実は正しくありません。

あなたの時間を、世の中の人のために使いませんか?

時間を使ってYouTubeで面白い動画を作ってもいいです。

音楽で素敵な曲を作ってもいいです。

素敵なものを作って販売してもいいでしょう。

お金が無くても、あなたの時間と努力でできることはあるもんです。

時間は、実は結構価値があります。

お金が増えそうなことに挑戦する【壁②】

ここまで結構長々と話しました。

話した内容は、大方の人がやっていることかと思います。

「収入ー支出」の「差」があれば、どこかの会社で勤めていても、100万円~1000万円の資産を気付くことは可能です。

世のなかのほとんどの人は、大体このあたりで結婚したりしますかね。

結婚して、結婚式をあげて、新婚旅行して、車買って、子供できて・・・

ええ、よくある人生です。

話の趣旨は「投資でお金を増やす」ということでした。

そう、多くの人が忘れているのは、「お金が増えそうなことに挑戦する」ということです。

だいたい挑戦する前に、結婚してしまうんです。

悪いわけじゃないんですよ。

ほとんどの人は、お金が増えそうなことに挑戦することを「後回し」にしてしまいます

メンタル的な面もあるかもしれません。

参考お金持ちはなぜ少ないか?【理由は4つある】

続きを見る

「お金が増えそうなことに挑戦する」かどうかは結構大きな壁だと思います。【壁②】

まぁ「投資でお金を増やす」ことがなくても生きていけますからね。

ここまで読んで、それでも「お金を増やしたい」という人は、読み進めてください。

お金が増えそうなことに挑戦しない人は結構多い

「お金が無い・・・」

だからと言って、みじめな思いをしなくても大丈夫です。

そんなの世の中の大半の人が、思っていることです。

あなただけではありませんので心配せずに。

大事なことは「お金が増えそうなことに挑戦しない人は結構多い」ということです。

「お金が増えそうなことに挑戦しない人は結構多い」という現実があるとしたら、あなたはどうしますか?

胸に手を当てて、ここから先を読むか決めてください。

お金を増やす4つの方法

ここからは、具体的にどうやったら「お金が増えるか」について話していきます。

つまり「投資でお金を増やす」ということです。

投資の定義は、株式投資のようにお金を使うことから、時間と労力を使うことまで、広く定義しています。

以上を踏まえて、読み進めてください。

①収入を増やす

「お金が増やす」ために「収入を増やす」

当たり前です。

何かに投資してもお金を増やしてもいいですよね。

転職してもいいですよね。

言ってできれば苦労しません。

趣味を生かして稼ぐ方法もありますので、こちらの方がまだいい気がしますかね?

「お金が増やす」ために「収入を増やす」ことは当たり前です。

ですが、大事な考え方です。

②支出を減らす

はじめの方でも説明しましたが、支出を減らすことは一番簡単です。

支出を減らすことに、時間や労力、お金をかけると効果が出やすいです。

例えば、

家賃の安い物件を時間をかけて探して、引っ越しをする。
コンタクトをやめるために、レーシック手術をする
飲み会を月3回から1回にする

どれもやろうと思えばできることではないでしょうか?

誘惑との戦いです。

③運用してお金を増やす

お金を株式投資などで運用して稼ぐのは、知識があればさほど難しいことではありません。

儲けはそれほど大きくはならないかもしれません。

競馬、宝くじのような運試しから、株式投資・FX・仮想通貨・投資信託・ETF・不動産投資など資産運用・トレードまであります。

株式投資・投資信託・ETF・不動産投資は、うまくやると「ほっとけば増える系」なので楽な分類にあたります。

ただし、壁①をちゃんと超えていないとできません。

僕は株式投資を好んでやっています。

不動産投資も興味がありますし、人生いつかはやりたいですよね。

参考株式投資の始め方【手順を追って説明します】

続きを見る

④-1. お金を使って時間を作る

①~③で話した、お金にかかわることも大切ですが、「時間」を作ることも大事です。

仮に転職するにしても、下調べする時間は必要ですからね。

収入を上げるためにも、もしかしたら勉強する必要があるかもしれません。

英語の勉強・資格の勉強・試験の勉強

収入を上げるために、「時間の確保」は否応なく必要です。

④-2. 余った時間で世の中に価値を提供する

収入を上げる以外にも、趣味や得意なことを活かして、世の中に価値を提供することで「収入を得る」ことも可能です。

ブログやYouTubeもそうです。

釣りが好きな人は、オリジナルな釣り具を売ってもいいかもしれません。

自分が得意で人より優れた情報やモノを提供できるなら、あなたの時間と労力をかければ、「収入」は後からついてきます。

インターネットのおかげで、ハードルは下がっているかもしれませんね。

②③①④の順番で簡単

以上やるとしたら、②③①④の順で簡単かな?と思います。

大好きなことがあれば、④が一番いいかもしれません。

跳びぬけてお金が多い人は②ができたら④に挑戦します。

本などで「自己投資が大事」というのは、④で成功すると収入が青天井になる(収入の上限が無くなる)からです。

「余った時間で世の中に価値を提供する」ことが①の収入を増やすことにつながりますし、少ないお金で運用(③)をしても増える額は知れているからです。

とにかく①~④を繰り返す

「お金が増えそうなことに挑戦する」と腹がくくれていれば、とにかく「継続」です。

飽くなき向上心を持って、①②③④のどれか、または複数に取り組んでください。

やり続けたり、色々やってみれば何か芽が出てきます。

「倹約」と「運用」でぼちぼちいい人生になる

「いや~転職とか大変だよ~」

というあなた。

②や③の「倹約」と「運用」でぼちぼちいい人生になります。

運用で、最初の目的の「投資でお金を増やす」という目的は達成しています。

株式投資・投資信託・ETF・不動産投資など、「ほっとけば増える系」をおすすめします。

自分の力・自分が作った仕組みで収入を増やす【壁③】

突き抜けて収入を得ている人は、例外なく「自分の力で収入が増やせる人」です。

④-2の、「余った時間で世の中に価値を提供する」することに長けている人だと思います。

もし突き抜けて、お金持ちになりたいという人は、ちまちま倹約より「世の中に価値を提供する」ことに力を注ぐのが良いと思います。

自分の力・自分が作った仕組みで収入が増やせる人は少ない

会社やアルバイトで収入を得ている人は、世のなかのほとんどですが、自分の力・自分が作った仕組みで収入が増やせる人は少ないです。

自分の時間を割いて挑戦してみても良いかと思います。

収入=世の中への貢献に対する対価

「収入=世の中への貢献に対する対価」です。

詐欺はいけませんが、受け取ることは悪くはありません。

最後に自分が考える投資でお金を増やすコツを6つ紹介します。

  1. 失敗しても損を小さくして早めに撤退
  2. 自信があれば大きく賭ける
  3. よく分からないことに大きく賭けない
  4. 成果を焦らない=日々倹約・日々努力・日々調査
  5. 得意なこと・苦じゃないことをやって、苦手はあきらめてもいい
  6. お金を払って調べることも投資【調べることを馬鹿にしない】

人生遅咲きでも構わない

若いうちにお金があると楽しそうです。

でも人生遅咲きでも悪くはありません。

体を壊さない範囲で、挑戦することが大事なのだと思います。

以上です。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

-株式投資

© 2022 Sachieの株式投資日記 Powered by AFFINGER5