株式投資

株はあなたが病気でも働いてくれる【熱中症でも株価は関係ない】

今日は「株はあなたが病気でも働いてくれる」という話をしたいと思います。

先日私「熱中症」になりました。

そんなに暑くなかったと思いますが、マスクをしていると夕方ごろに頭が痛くなり、寝込んでいました。

熱い空気を吸っていたらでしょうか?

頭痛がひどかったです。

風邪かと思いましたが、水分取ったら回復してきました。

マスクはこまめに外さないと危険ですね。

話題は逸れましたが、「株はあなたが病気でも働いてくれる」という話です。

「株はあなたが病気でも働いてくれる」

熱中症で寝ころびながら、株価をちらっと見ていました。

コロナウイルス影響で下がった反動か、一部の株は変な勢いで上がっています。

「僕は死にそうなのに、株価は絶好調・・・」

複雑な気持ちになりました。

株(お金)はあなたの代わりに働いてくれる

株の配当など、いわゆる「不労所得」ですが、実際は企業が稼いだお金の一部が株主に支払われています。

働いているのは人であり、実態があります。

配当を得る人は、お金を出しているのであり、働いてはいません。

しかし、お金を得ることができます。

この「世の中の仕組み」を知ると、消費者側と企業側という2つの立場が見えてきます。

ほとんどの人は、「消費者側でしか」ものを見ていません。

・ディズニーランドに行きたい。

・おいしいごはんを食べたい

・旅行に行きたい

しかし、企業は人にお金を払ってもらって「利益」を得ています。

利益の一部、つまり支払ったお金の一部が戻ってくると考えれば、株式投資もなんら危ないものではないように思えてくるのです。

株やお金があると人生の保険にもなる

人生お金だけじゃないのは確かです。

しかし、お金があることで将来の不安や悩みはいくぶんか緩和されます。

熱中症になりながらも、「それでも株価はあがるのか・・・」と変な気持ちで寝ました。

FIRE(financial independence retire early)を目指し、必ずその日が来ることを確信して今日も寝ます。

熱中症には気を付けてください。

今日は以上です。

-株式投資

© 2022 Sachieの株式投資日記 Powered by AFFINGER5